Google利用規約変更の同意方法は無視でOK|同意できないと…

ニュース

朝目が覚めると、Googleからメールが届いていました。

Googleの利用規約変更?これって詐欺メールなのか?

と私も思ったのですが違うようで、同意しない場合はアカウント使えないからね、と半ば脅しのような文言まであるので、ひやひやして調べてみました…。

同意する場合、同意できない場合、わかりやすく何が変更なのかまとめました。

スポンサーリンク

Google利用規約変更は5月22日から

これが届いていたメールです。

そして、Google利用規約変更は2024年5月22日から始まります。

スポンサーリンク

Google利用規約変更は同意方法は無視でOK

Google利用規約変更は同意方法は無視でOKです。

ただ、無視でいいのですが、しっかり読んでおいてねというためのメールなので、チェックはしておいた方がいいです。

同意する場合、同意できない場合でチェックしていきます。

同意する場合

Google利用規約変更への同意方法は無視で大丈夫です。

え?

ほんとに大丈夫なの、という感じですが何もすることがない感じです。

では読んで理解しておいておいた方がいいものをまとめます。

Googleの利用規約は何が変更になったのか

読むのが面倒な場合の要約としては、

  • AIによってオリジナルのコンテンツを作り(画像、動画など)Googleに載せても、その所有権を追求しないよ
  • 不正行為や妨害はダメだから厳しく明記するよ、責任の制限もわかりやすくするからね
  • 紛争についてGoogleとの間に何かあったら説明してね
  • Googleサービスの新しくなったところ名前変えるね

という感じです。

実際に送られてきたGoogle利用規約変更の画像です。

要するに、複雑化にともなって、Googleがしっかりルールを明記するよ、刷新するよ、だから用法容量を守ってつかってね、と言っているというわけですね。

なので何かするというより、同意の場合は読んでおくだけ読んでおいてね!と言っている感じですね。

同意できない場合

Google利用規約変更は同意できない場合はアカウントを削除することが描かれています。

ちょっとこれ「おどし」みたいですよね。

削除するとGoogleが使えなくなる、ことはないでしょうが、またアカウントを作ったりせねばなりません。

と思ったら、本当に脅しみたいな文章が…

とりあえず確認してスルーするのがよさそうですね。

ちなみにアカウントを削除すると、写真や動画などもすべて見られなくなるので、やらない方がよさそうですね。

スポンサーリンク

Googleの利用規約変更のメールは詐欺ではない

Googleの利用規約変更のメールは詐欺ではありません。

ポイントとしては、何も要求してきていないというところ。

詐欺メールの見分け方のポイントとして、

「何かを要求してくる」

ものが大半です。

メールアドレス入れてね
電話番号教えてね
ログインパスワードを変更してね

いきなり要求されることが、詐欺メールかどうかの見分け方で1つ有効な手段です。